teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


久しぶりの投稿

 投稿者:伊賀からの釣り人  投稿日:2017年10月23日(月)19時02分52秒
返信・引用 編集済
  納竿は勝山でと思いつつ都合つかず今期は終了、売れ残りのライン等買って来期に備えます

強者揃いの鮎師さんの意見に組合員さん問題山積ですね
今期私は満足してます、囮を泳がせば釣れるわけじゃなくそれぞれの技量が大きく関係します
過去に組合員さん囮屋さん川漁師さんからのアドバイス等と自分の経験を重ねて今はそれなりの釣果を得てます、また他の釣り人にアドバイスできるようになって釣果上がったと嬉しい言葉をくれます
今月はじめに同窓会の為里帰りしたおり九頭竜川と共に名のあがる球磨川に行き尺1寸にちょい足らずと尺鮎をものにしました、九頭竜川の強い流れで得たノウハウが生かされたと思ってます
以前は九頭竜川にもこのクラスが居ました、今は望めない?としても来期も通います
ありがとうございました。
 
 

案外大丈夫かな。

 投稿者:鮎も渓流も通ってますが  投稿日:2017年10月23日(月)09時40分46秒
返信・引用
  放流の件ですが、実は結構他河川でもこうやって橋からパラパラやっておられますよ。
(案外大丈夫なようです。)
滝波他、勝山地区の支流は降りられる場所が非常に少なく、やむを得ないのでは?

ちなみに私はただの遊漁者で、鮎も渓流も年券を買っていますが漁協関係者では決してありません。

どこに放流しても出水である程度散るとは思うのですが、「ハシゴの下」だけだと固まっているうちに鷺や川鵜にやられそうでもあるので、色々考えてもらうと良いと思います。

それよりも、稚魚放流より発眼卵放流の量を増やすとかはどうですか?

良い魚を育てて下さい。
 

放流写真

 投稿者:-_-b  投稿日:2017年10月22日(日)16時30分3秒
返信・引用
  橋の上から網でバラバラと… 目を疑いました  とても生き物を扱ってるとは思えないやり方
なんとも思わないのでしょうか?
 

天川村鮎繁盛

 投稿者:勝山ファン2  投稿日:2017年10月22日(日)08時51分36秒
返信・引用
  天川村鮎繁盛してます。
湖産の苗放流しています
来年是非湖産オンリーで
中部の天然遡上鮎はダメですね

http://toritsuka.co.jp/company/

 

釈迦に説法ですが…

 投稿者:勝山ファン  投稿日:2017年10月14日(土)23時56分12秒
返信・引用 編集済
  漁協の皆様へ。

確かに放流種苗の厳選や、タイミング、区分等は研究の余地があるかも知れませんね。
(既に色々とご研究頂いているとは思いますが)

先に話題になった京都の美山川は、私の知る限り

・10~15年前は「けっこうヤバイ位に」不漁を連発していた時期があった。(下流にダムがあるので、放流に失敗するとそれこそ取り返しがつかない)

・近年は「近大産」や各種人工産と湖産を「エリア分け」して、種苗の種類毎の歩留まりや追い(味も?)を追跡して翌年の参考にしているせいか、見事に復活を遂げている

・下流はダムで断然しているが、逆に上流にはダムが無く、京都大学の演習林でブナの原生林が広がり、水量と水質は極めて自然に安定している(勝山と逆ですね。)

というような取り組みと状況だと見聞しております。
参考になれば幸いです。

とにかく2017年は湖産自体が大きく成長が遅れて買い付けも大変だったと思いますが、是非来年は幅広く情報収集頂き、「美味しい」「大きい」勝山の鮎復活に向けてよろしくお願いします。
(私見ですが、「量より質」でお願いしたいです。安曇川や神通川ほど釣れなくて良いので、ある程度の数でゴツイ鮎が釣れるとうれしいです!)

素人が口出ししてすいませんでした。

来年も必ず年券を買いますので、何とぞよろしくお願いします!
 

今年の鮎はあかん

 投稿者:夢追人  投稿日:2017年10月 2日(月)12時25分26秒
返信・引用
  5年くらいからトロ場でも鮎が掛からない、釣果も期待できません勝山鮎復活するには、京都の美山漁協さんにどこの鮎を放流してるか相談してはどうですか?京都美山漁協は下流にダムがあり放流メインで頑張ってますそこそこ釣り客もいますし釣果も30匹くらいは釣れると思います。大西満さんが言ってた事を現実と受け止めてください。このままでは湖産の鮎を釣りきれば後は散々ですせいぜい試し釣りだけ釣果は良く年券を買うのがもったいないです。組合長このままでは鮎釣りが楽しくありません…テレホンサービスも釣果はいつ聞いても散々です。今年は勝山中部の天然遡上鮎も福井新聞でとりあげてました、来年の天然遡上鮎汲み上げ放流も残念ながら期待できません。フェイスブックとかで釣果情報が拡散しないうちに手をうってはどうですか?このままだと5年は期待できませんどうか良い漁場であります様に切に願ってます

http://www.miyama-gyokyou.jp/

 

ありがとうございました。

 投稿者:勝山ファン  投稿日:2017年 9月28日(木)13時47分0秒
返信・引用
  確かに今年は(中部程ではありませんが)勝山も全体としてはあまり釣果に恵まれませんでしたね。

それでも漁協の皆さんの真摯な態度はお隣とは全く違い、みんな応援する気持ちで来年を楽しみにしていると思います。

是非、来年もよろしくお願いします。

まずは渓流から、来年も勝山にお邪魔したいと思っております。
 

(無題)

 投稿者:鮎好き  投稿日:2017年 9月28日(木)10時47分3秒
返信・引用
  もう一度釣行と思っていましたが、この雨で願いもお流れとなりました。
いろいろと騒がれている九頭竜川ですが来シーズンは今年よりも釣果が上がりますよう願っています。
又再来年も上がるよう願うばかりです。
漁協の皆様お世話になりました。
 

お願いします。

 投稿者:中部から勝山へ  投稿日:2017年 9月18日(月)13時24分9秒
返信・引用
   以前この掲示板で、大西 満 さんが心配されていたことが現実になりました。天然遡上の九頭龍川の鮎が激減してしまったのです。数年前から異変はあったのですが、今年は 大西 満 さんが危惧した通りの惨事になってしまった。

 九頭龍川の天然遡上の鮎は、ここ勝山までも遡上してくるたくましい鮎。九頭龍川で最後に生き残るのは、天然遡上の鮎だと言っても過言ではない貴重な鮎。激減したその鮎が、今ピンチにさらされようとしています。

 中部漁協が、産卵場での捕獲を今年も許可して禁止しようとしないのです。サギリ漁やコロ釣りで、残り少ない天然遡上の鮎が捕獲されようとしているのです。 『 10月から全面禁漁 』、こうした釣り人の願いを無視し続けています。

 勝山の友釣り愛好家の皆さん!勝山に遡上する天然鮎を守るためにも、是非お力を御貸し下さい。

http://www.kuzuryu-chubu.jp/

 

こんにちは?

 投稿者:伊賀からの釣り人  投稿日:2017年 9月17日(日)10時42分28秒
返信・引用
  今日と明日釣行予定してましたが台風予報で断念
釣り人さんへ
釣れます!
私の鮎釣りへの接し方です、着いたら自分を育ててくれる川に宜しくお願いしますと一礼、ポイントで養殖くんに鼻環通して送り出し経験と感で竿の操作をします、鮎釣りは足で釣れと言います同じ所にとどまらず移動しながらの釣りをしてます、私も釣れない時が有りましたが過去に受けた諸先輩方のアドバイスと自分の経験を重ね合わせて今は釣果を得てます、年々川底も変わります今季も二度ほど?変わったよぅに思います今季15日釣行で多いのか少ないのか400とちょいの釣果です
帰り際にも一礼してます
この投稿気にさわったならお許しを
釣り人さんも今季残り少ない釣期ですが楽しんでください
 

レンタル掲示板
/37