teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


注目のカード

 投稿者:調べてみました  投稿日:2018年10月21日(日)22時56分22秒
返信・引用
  ☆準決勝

星稜
002000110=4
000000000=0
東海大諏訪

上田西
001002000=3
00000040X=4
啓新

☆1回戦

近江
002000000=2
01001021X=5
報徳学園

星稜、啓新はほぼセンバツ確定。啓新は春夏通じて初出場。近年上位進出するものの、な
かなか甲子園にはたどり着けませんでしたが、ついに!という感じですね。近江、報徳学
園の夏ベスト8同士の対戦は報徳に軍配。近江は林、有馬というバッテリーがそのまま残
りましたが、林投手が打ち込まれセンバツ絶望になりました。
 
 

九州大会 二つの西高

 投稿者:昭和野球  投稿日:2018年10月21日(日)22時07分28秒
返信・引用
  他地区ですが、九州大会も始まりました。
九州大会は各県2校×8県=16校が参加、
東北大会は各県3校×6県=18校ですので、参加校数は東北大会より少ないのですが、
九州の一般枠は4校ですので2県で一校の割合です。
近年レベルアップの著しい東北地区が3県で一校なのは、やはり厳しいですね。

秋季九州大会 ▽第一日
       長崎商 (長崎2)8-4沖縄水産(沖縄1)
       明 豊 (大分1)7-3鹿屋中央(鹿児島2)
       日章学園(宮崎1)7-5九州国際大付(福岡2)
       熊本西 (熊本2)3-2佐賀学園(佐賀1)
       ▽第二日
       神村学園(鹿児島1)12-4北 陵(佐賀2)
       大 分 (大 分2) 4-1長崎南山(長崎1)
       興 南 (沖 縄2) 5-2熊本国付(熊本1)
       筑陽学園(福 岡1) 1-0小林西(宮崎2)

今回九州大会に出場した熊本西と小林西の二つの西高は、本県勢との対戦が
思い出されます。

 1985年 第67回選手権 ▽一回戦
 磐 城 000 020 001=3
 熊本西 300 010 30×=7
磐城が断然有利と思いましたが、磐城のエース山沢投手が不調でした。
磐城打線も熊本の7安打を上回る12安打を放ちましたが、雑な攻めで
追いつけませんでした。磐城の監督は、かつての小さな大投手田村隆寿氏
で、安積商から母校監督に就任し三年目で通算三度目の甲子園指揮でした。

 1993年 第75回選手権 ▽一回戦
 学石川 101 010 000 = 3
 小林西 110 000 002×= 4
信じられない敗戦でした。学石・志賀投手のピッチングからして、このまま
学石川の勝利を疑った人がいたでしょうか。九回裏も志賀投手は、簡単に二死
を取り、その後連続四球。その後に走者一掃のサヨナラ左中間二塁打が飛び出
すとは。かなり精神的ショックも大きく、次回に学石川が甲子園出場まで6年
もかかりました。柳沢監督さんが、監督として最後の甲子園となりました。
あまり関係ありませんが、サヨナラ打を打ったのは、小林西のエース笹山投手
だったのですね。小林西は勢いに乗りベスト8へ。

九州の二つの西高との試合、いずれも本県代表が十分に勝利できたであろう
悔しい試合でした。(タラ・レバですが)
 

Re: 今日の学石 一年生大会

 投稿者:学法石川ファン  投稿日:2018年10月21日(日)17時54分26秒
返信・引用
  県南の野球部OBさんへのお返事です。

> 学石 020 014 221|12H13K6B7E3  (1年生28人)
> 光南 050 000 000|  5H10K8B2E4  (1年生33人)
>
> 【学】木上、吉川、小貝、佐藤日―會澤
> 【光】矢田部、秡川、國井、市川、鈴木光―佐藤寿
> (本)木上、佐藤日
> (三)川崎、佐藤比(学)、庄司(光)
> (二)佐藤日、會澤、高橋(学)、矢田部、岩本、坂本(光)
>
>
> ついに学石の木上投手実戦初お披露目になりました。
> 関係者からは140km近い速球を投げる好投手という話を聞いていましたが、MAX130前半ぐらい。変化球、制球も今ひとつで二回を投げ5失点という内容。調子が悪かったのかもしれませんが好投手と呼ぶには正直まだまだこれからといった感じでした。ただ、打撃の方はセンターバックスクリーン直撃の素晴らしいホームランを見せてくれました!身体も大きく非常にパワーがあるので打者としても期待したい。学石一年生の投手では現時点では普段サードレギュラーの佐藤(日)が球速(130中盤)、制球力とも毎試合安定感があって一番良いとおもいます。
>
> それと本日、佐々木J次期監督もお見えになっておりました。田んぼに囲まれたいわせグリーン球場、しかも県南の一年生大会を見ている姿は何とも不思議な気分で慣れるまでに時間がかかりそうです(笑)
>

情報ありがとうございます。
佐々木監督の姿を確認されただけでも何かワクワクします。
明日は姿が見れるかどうか、時間があれば球場に出かけてみようと思います。

ドラフトも間近。
聖光学院出身の投手が何位で指名されるかも気になります。
 

(無題)

 投稿者:ふくしまの高校野球  投稿日:2018年10月21日(日)17時25分42秒
返信・引用
  ガス 様

お心遣い感謝申し上げます。いわき支部の情報をこれからも宜しくお願いします。
 

猛打! 平商業!

 投稿者:ガス  投稿日:2018年10月21日(日)10時21分15秒
返信・引用
  まぁビックリしました。
この秋は中々腰を据えて高校野球が見ることが出来ず
昨日、時間が出来たので、いわき国体記念大会を3試合全て見てきました。

まぁビックリしました。
磐城OB鹿野監督が平商業に就任して2年目か3年目でしょうか・・・
かつてはいわき地区において侮ることの出来ない平商業でしたが
近年、部員不足により単独出場もままならない状況でした。

しかし、部員15人が揃った今春からの戦いぶりを見て
夏も結構頑張れるんじゃないか?秋はもしかしたら県大会に行けるんではないか?と
密かに期待していましたが、結果的に秋の県大会出場は叶いませんでした。

この日の対平工業戦は結果的に7対10で負けてしまいましたが
終始、押し気味に試合を進めていたのは平商業です。

まず、特筆すべきは重量打線。
部員10名しか居ませんが、よくもこれだけバット振れるチーム作ったなと・・・
この日、3試合6チーム全ての打線を見ましたが
断トツに強い打球が放たれていました。結構驚異的です。

大体この手(少人数)のチームはピッチャーも含め2~3人
そこそこの選手が居ればなと言う感じになってしまいますが
この重量打線は結構切れ目がないんです。
公立の選手にしては全体的に身体、特に下半身がしっかりしており
相当トレーニングしているのが想像出来ました。

しかも、エース篠崎投手はいわき地区で
一番速いストレートを投げるんじゃないかと私自身は思っています。
昨日の私の目測は135キロ前後、スライダーも切れきれでした。
ストライクを取るのに苦労するタイプでもありません。

ただ、結構ミートされていたのは投げ方にあると思われます。
まだまだ身体は細いですし、投手らしい間と言うか、下半身の粘り強さが出てくれば
県を代表する速球派投手になると確信しています。

じゃぁ何で負けたの?にはなりますよね・・・
エラーや無駄な四球がない訳ではなく
やはり、10名しか居ないと言うのは打つ手がないよなと
試合の途中から思っていました。
鹿野監督も「頑張れ!頑張れ!」と選手達を鼓舞していましたが
スタミナ切れと共に後半試合もひっくり返されてしまいました。
来春、新入部員が10人ぐらい入ってくれれば良いなと個人的には思っています。
台風の目、十分あると思います。

昨日見た6チームは各々良いところが沢山ありました。特に磐城。
長くなりましたので、また書かさせて頂ければなと思っております。

昨日も非常に寒かったです。
管理人様の体調回復を心よりお祈り致します。
 

東北地区の21世紀枠

 投稿者:昭和野球  投稿日:2018年10月21日(日)01時04分2秒
返信・引用 編集済
  >調べてみました様、私も同じ事を考えていました。

 旧制中学からの伝統を持つ宮城県北部の進学校・古川高校。
 秋季県大会準優勝、東北大会準決勝でのコールド負けは痛かったですが、
 東北大会での二勝は大きなアドバンテージになるでしょう。

 古川高校と言いますと、私らの世代は1971年第53回選手権の東北大会
 決勝(宮城県営)で、甲子園準優勝する磐城高校が7-1で古川高校を圧倒
 して二年連続甲子園出場を決めたことが思い出されます。
 磐城エース“小さな大投手”田村隆寿投手が七回二死までパーフェクト。
 準決勝の磐城6-2東北が事実上の決勝戦と言われていましたが、見事な勝利。

 しかし、高校野球の歴史は奥が深く、この10年前の1961年秋季東北大会の
 初戦で、古川は磐城を2-1で破っていました。会場も同じ宮城県営球場。
 古川は次の準決勝で宮古(岩手)に3-2で惜敗して、優勝した宮古が選抜へ。

 戦後、本県から初の甲子園は、1951年第33回の福島商ですが、この年の
 夏の福島県大会の優勝は安積。(福商は準決勝敗退)福島・宮城・山形三県に
 よる東北大会が福島市で行われ、本県から安積・会津・福商・内郷の四校が
 出場、安積は宮城県優勝の古川を3-2で破りますが、決勝で福商に敗退。
 本県ともかかわりのある(古いですが)古川に期待です。

 大船渡(岩手)の佐々木投手は、全国のファン注目ですが、ただ大船渡は
 震災復興支援で12年石巻工・13年いわき海星・16年釜石が選抜され
 復興支援出場は終了とのことですので、その辺りの兼ね合いが気になります。

 そこで、秋田準優勝の横手も有力かと。東北大会初戦で羽黒(山形)に
 完敗でしたが、秋田県南部の進学校で、前回の甲子園出場が1969年夏の
 第51回選手権大会でちょうど来年で50年。横手は初戦で平安(京都)に
 3-1で敗れますが、その平安を準々決勝で破ったのが太田投手の三沢高校。
 あの決勝戦で松山商と延長18回引き分け再試合のあった大会ですね。
 東北地区からもう一校は仙台商でしたが、準々決勝進出と東北勢頑張りました。

 いずれにしても21世紀枠東北地区代表となっても、さらに選抜出場は
 かなり難しいでしょうね。
 本県の推薦校はどこでしょうか。前回は磐城で少しショックでした。
 

注目のカード

 投稿者:調べてみました  投稿日:2018年10月20日(土)23時07分31秒
返信・引用
  ☆1回戦

作新学院
000000000=0
00000100X=1
前橋育英

☆3回戦

二松学舎大付
000001000=1
00000020X=2
東海大菅生

早稲田実
100100100=3
010000000=1
帝京

☆1回戦

天理
000010002=3
20010100X=4
龍谷大平安

いずれも敗退校はセンバツ絶望に。徐々にセンバツ代表校も決まってきます。東北代表の
光星は神宮大会で東海地区代表と対戦することになりました。11月9日(金)~の予定
です。
 

情報ありがとうございます。

 投稿者:赤トンボ  投稿日:2018年10月20日(土)22時37分51秒
返信・引用
  木上君期待していたので少し残念です。
故障明けかな?
一年生でセンターバックスクリーン直撃は凄い
打者で起用しても面白い

佐々木監督がどう育成するか楽しみだ
 

今日の学石 一年生大会

 投稿者:県南の野球部OB  投稿日:2018年10月20日(土)22時14分55秒
返信・引用 編集済
  学石 020 014 221|12H13K6B7E3  (1年生28人)
光南 050 000 000|  5H10K8B2E4  (1年生33人)

【学】木上、吉川、小貝、佐藤日―會澤
【光】矢田部、秡川、國井、市川、鈴木光―佐藤寿
(本)木上、佐藤日
(三)川崎、佐藤比(学)、庄司(光)
(二)佐藤日、會澤、高橋(学)、矢田部、岩本、坂本(光)


ついに学石の木上投手実戦初お披露目になりました。
関係者からは140km近い速球を投げる好投手という話を聞いていましたが、MAX130前半ぐらい。変化球、制球も今ひとつで二回を投げ5失点という内容。調子が悪かったのかもしれませんが好投手と呼ぶには正直まだまだこれからといった感じでした。ただ、打撃の方はセンターバックスクリーン直撃の素晴らしいホームランを見せてくれました!身体も大きく非常にパワーがあるので打者としても期待したい。学石一年生の投手では現時点では普段サードレギュラーの佐藤(日)が球速(130中盤)、制球力とも毎試合安定感があって一番良いとおもいます。

それと本日、佐々木J次期監督もお見えになっておりました。田んぼに囲まれたいわせグリーン球場、しかも県南の一年生大会を見ている姿は何とも不思議な気分で慣れるまでに時間がかかりそうです(笑)
 

(無題)

 投稿者:ふくしまの高校野球  投稿日:2018年10月20日(土)15時26分1秒
返信・引用
  学法石川ファン様

お気遣いいただき感謝申し上げます。
 

レンタル掲示板
/850